【シンガポールニュース】配車サービスのGrabがUberの東南アジア事業を買収

~Channel NewsAsia 3月26日~

配車サービス大手のGrabは26日、競合Uberの東南アジアにおける配車事業とフードデリバリー事業を買収したと発表した。

今回の買収によって、Grabは既存の配車・デリバリーとFintechのプラットファームを強化し、東南アジアにおける配車サービス事業とフードデリバリー事業の市場独占を可能とする。

なお、買収の見返りとして、UberはGrabの株式の27.5%を取得し、同社CEOのダラ・コスロシャヒ氏がGrabの取締役として就任する。

Grabのミン・マー社長は、今回の買収は2社の大株主であるソフトバンクグループのサポートにより実現したことを明らかにした。