【シンガポールニュース】マハティール首相、クアラルンプール・シンガポール高速鉄道の取り止めを発表

~Channel NewsAsia 5月29日~

マレーシアのマハティール首相は29日、クアラルンプール・シンガポール高速鉄道(HSR)事業の取り止めをシンガポール政府に伝えると発表。

同首相は前日にHSR事業の契約破棄を発表したが、シンガポールの運輸省は正式な通達はないと主張していた。

5月9日の総選挙でマレーシア希望同盟(PH)が前ナジブ政権に勝利。選挙中もマハティール首相はナジブ政権時代に1兆リンギもの債務が生じたことを非難し、HSRなど大型プロジェクトの見直しを公約に掲げていた。

マレーシアのアブドル・ラーマン前首相府相は、マレーシアに莫大は経済効果を生み出す

HRS事業の取り止めは大きな過ちだという声明に対して、マハティール首相は莫大な債務を抱えた前政権側からのコメントを一蹴した。