【シンガポールニュース】過去10年の兵役逃れは、年平均350人

~Channel NewsAsia 9月10日~

ン・エンヘン国防相は、国会における兵役制度に関する質問への回答で、過去10年で、年平均350人が兵役義務を怠ったとした兵役逃れの実態を公表した。

これら兵役逃れは兵役の無登録・入隊拒否のほか特定期限までに帰国しなかったシンガポール人あるいは永住権保持者(2世以降)を指す。

ン国防相によると兵役逃れの3分の1は逮捕あるいは犯罪行為に対する刑罰が科されていおり、兵役逃れの対象者には国内外問わず、最終確認されている住所への確認連絡が徹底されているという。

また、対象者が国内に滞在している場合は、当局が実家を訪問したり、対象者が在籍していた教育機関などを通じ追跡調査も行う。

シンガポールでは、米国で大ヒット中のハリウッド映画「クレイジー・リッチ!」の原作者で、シンガポール出身の作家ケビン・クワン氏が兵役逃れを指摘されており、大きな関心事となっている。