【シンガポールニュース】都市型農業でシンガポール産イチゴを生産

~Channel NewsAsia 6月20日~

Sustenir Agriculture社は、ハイテク技術を駆使した都市型農業で、国内初となるイチゴの栽培に成功した。

垂直の多段式水耕栽培ではLED照明、チューブを通して送り込まれる栄養分、風管からの二酸化炭素など、イチゴ栽培に適した環境がつくられている。

栽培工場のあるJTC LaunchPad @ one-northでは、農業の技術革新を研究する施設も完備。工場内では生産性を高めるため、ロボットを導入し育苗ポットへの種まきや苗の植え替え作業が全自動化されている。

20日に工場施設を訪問したコ-・ポークン通商担当大臣は、農産物の継続的生産を強化するため、政府は最新技術を導入した都市型農業を引き続き支援すると表明。、

Sustenir Agricultureは2014年に設立。これまで垂直型の複数階にわけられたラック水耕栽培で生産されたで葉物野菜は安定した出荷量を維持している。