【シンガポールニュース】海外在住シンガポール人、保険料支払いの選択が可能

~Channel NewsAsia 9月30日~

シンガポール保健省(MOH)は30日、海外在住のシンガポール人に対して政府による医療保険MediShield Lifeの保険料を支払う義務はないと発表した。

海外に住むシンガポール人に対しては、MdiShield Lifeが適用されるが、海外に永住しているシンガポール人は保険料の支払いをするか否か選択できることになる。

ただし、保険料を支払わないことを選択したシンガポール人が帰国して生活する場合は、未払いだった保険料に利息を加えた額を支払う必要がある。

また、保険料支払いを止めていた海外在住シンガポール人がシンガポールでの治療を選択しMdiShield Lifeを利用した場合は、支払い停止期間が解除され、これまで未払いだった保険料に利息を加えた額を支払う必要も発生する。

【シンガポールニュース】若い男性の間で肥満が加速

~Channel NewsAsia 9月29日~

Saw Swee Hock School of Public Healthのチア・キーセン学長は29日、糖尿病リスクを高めている肥満が30歳未満の若い男性の間で増加傾向にあると警告した。

保健省の統計によると、1988年の18~29歳における男女それぞれの肥満の割合は4.5%、4.4%だったが、2010年の調査では、女性が5.8%とやや増加したのに対して、男性は15.4%と大きく上昇した。

チア学長は、同年齢層の男性で1992年時は100人に6人が肥満だったのに対し、2010年は100人に16人が肥満だと診断されたとし、肥満傾向が加速していると警鐘を鳴らした。男女差の理由にかんしては、今後さらなる研究が必要だと述べた。

また、専門医は糖尿病についても、女性患者より男性患者のほうが多い原因について調査していく必要があると述べた。

【シンガポールニュース】人口1.3%増の561万人に

~The Straits Times 9月28日~

6月時点でのシンガポールの総人口は前年同月比1.3%増の561万人だった。過去数年同様、居住者と外国人の人口は安定して増加した。

シンガポール国民の人口は1%増加し341万人に。永住権保持者52万人のうち新たに永住権を取得したものは30,000人をわりこみ、2012年以来数字は横ばい。非居住者は2.5%増の165万人だった。

5年前に政府が外国人労働者の受け入れを抑制したことから、2011-2012に雇用された外国人労働者77,000人は2014-2015には23,000人に減少したが、昨年1年間では27,000人に上昇。

昨年は国民の間に生まれた子供が過去10年でもっとも多かった。子供や高齢者を世話するメイドの数も増加している。また長期滞在ビザなどで滞在していた外国人がシンガポール人の配偶者となるケースも増加した。

特徴的な傾向としては、ベビーブーム世代の子どもが家庭を持つ年齢になったこととベビーブーム世代の高齢化が挙げられる。

65歳以上の国民は全体の13.7%と昨年の13.1%を上回っており、高齢化への歯止めはかかっていない。労働年齢では国民4.7人に1人は65歳以上の高齢者となった。

【シンガポールニュース】格安航空Scoot、台湾経由の新千歳空港線の運航を開始

~The Straits Times 9月27日~

長距離格安航空Scootが10月1日から台湾経由の新千歳空港線の運航を開始する。

週3回の運航で、シンガポールー北海道を約9時間で結ぶ。乗客定員は335人、貨物10トンを運ぶ。航空券は往復で438Sドルからとなる。

日本へ公式訪問中のリー・シェンロン首相に同行しているジョセフィーヌ・テオ上級国務相(運輸担当)は、日本-シンガポールの国交関係樹立50周年という極めて重要な年に北海道への運航が開始したことに言及。

JETROとIE Singaporeが主催する会議の席で、テオ上級国務相は、北海道へのルートが確立したことで、シンガポール企業は日本の企業と提携して、海産物をはじめ多くの北海道産食品を早くて安く輸入することができると話した。

日本政府も2020年までに農産物の輸出額を現在の7,450億円から1兆円規模までの拡大することを計画。北海道産の輸出拡大にはシンガポールー新千歳間の就航が大きなメリットとなる。

JETROの佐藤副会長は、新しルートの確立により、日本企業は中東やインド向けの輸出でシンガポールの物流システムを活用することも可能だと述べた。

【シンガポールニュース】リー首相、日本へ公式訪問

~The Straits Times 9月26日~

リー・シェンロン首相は26日から4日間、日本を方式訪問し、安倍晋三首相と首脳会談を行う。外交関係樹立50周年を記念した訪問となる。

昨年3月に亡くなったリー・クアンユー初代首相には日本・シンガポール関係の強化に顕著な功績に対して桐花大綬章が贈られることになっており、リー首相が代理で安倍首相からで受け取る。

首脳会議で桐花大綬章が贈られ、その後はリー首相とシンガポール代表派遣団を晩餐会でもてなす。

日本にとってシンガポールはアジア最大の直接投資国であり、日本はシンガポールにとって国別で8番目の貿易相手国であり2番目の直接投資国である。

観光分野では、昨年、シンガポールを訪問した日本人は80万人で、日本を訪問したシンガポール人は30万人(市民の10人に1人に相当)が訪問した。

リー首相は滞在中、日本の政治家やビジネスリーダーとの会談。また、日本経済新聞主催の 第22回国際交流会議「アジアの未来」で演説も行う。

【シンガポールニュース】CPI,22ヵ月連続下落も下げ幅縮小

~Channel NewsAsia 9月23日~

8月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比0.3%減で22ヵ月連続の下落となった。 コア・インフレは1%だった。

通貨金融庁(MAS)と通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)によると、自家用車両保有にかかわる経費の下落が落ち着いたことが全体の下落幅を縮小した。

自家用車両保有にかかわる経費の下落が小幅となったのは、ガソリン車が対象とされた1年間の税金払い戻しの期限が切れたことと、ガソリン価格の下げ止まりが影響した。

コア・インフレでは、食品価格が小幅な上昇にとどまったものの、サービス経費の上昇が全体を押し上げるかたちとなった。

【シンガポールニュース】電気自動車タクシー会社、10月に開業

~The Straits Times 9月22日~

国内で初めて保有車両全てが電気自動車というタクシー会社HDT Singapore Taxiが10月に営業を開始する。

同社では、業界では珍しく運転手全てをフルタイムの従業員として雇用するため、運転管理システムなど技術的問題の処理に時間を要し、予定より営業開始時期が遅れることとなった。

開業は10台のタクシーで開始。電気自動車タクシーは中国・深センの自動車・バッテリーメーカーBYDが製造。保有車両は来年までに100台を目指す。

初乗り料金は3.9Sドル。最初の10キロまでは400メートル毎に25セント追加され、その後は350メートル毎に25セントの料金がかかる。

既存のタクシー料金よりやや高めで、10キロメートルでは75セント分高い料金設定となるが、ン社長は環境にやさしく静かな電気自動車タクシーの需要はあると自信をのぞかせた。

【シンガポールニュース】食料雑貨コマースサイトRedMartが身売り?

~The Straits Times 9月21日~

シンガポールの食料雑貨コマースサイトRedMartが身売り先としてすでにFairPriceなど数社と接触しているとの噂が流れる一方で、現状融資売買より新たな投資ラウンドを検討しているとの声もあり、今後の動向が注目される。

RedMartは2011年創設からこれまでに、Facebook の共同創業者である Eduardo Saverin 氏、Gerena、SoftBank Ventures Koreaなど投資家から数千万Sドルを調達。ドライフードおよび生鮮食品のオンライン販売を強化・拡大してきた。

域内のオンライングロッサリーストアなどECを取り巻く環境は激化しており、インドネシアのオンライングロッサリーストアが先月1200万米ドルの資金を調達したのをはじめ、オンライン食料品デリバリサービスの Honestbeeは昨年1500万米ドルの融資を確保し、デリバリサービス部門でNTUC FairPriceとパートナーシップを結んだ。

RedMartは急速に業績を伸ばしており、2016年はここまでの収益は前年の倍以上を記録している。

【シンガポールニュース】チキンライスのレシピ販売価格が200万Sドル

~The Straits Times 9月20日~

7月21日に発表されたミシュランガイドのシンガポール版で1つ星を獲得した香港油鶏飯麺に、企業5社からパートナーシップを結びたいというオファーが寄せられているようだ。

オーナーのチャン・ホウ・メン氏は、5社のうち3社は香港点心チェーン店Tim Ho Wanを含む飲食店で、1社はホテルであることを明かしたが、残りの1社については詳細を公表していない。

5社は香港油鶏飯麺のチキンライス、チキンヌードルのレシピを購入したいとアプローチをかけているようだが、チャン氏は取引にあたって3つの審査基準を設けている。

1つ目は最低200万Sドルのレシピ販売価格、2つ目はが世界中にブランドを広めるため資金力、そして3つ目は全ての店舗において同じ味を確保すること。

レシピ販売価格については、2014年に同業者(ホーカー:屋台店)がレシピを売った際に手にした額をベースとしている。

チャン氏は、香港油鶏飯麺がミシュランの1つ星を獲得する前から人気店で、1つ星獲得後は売上げが3倍になっていることから、レシピ料の妥当性を強調している。

【シンガポールニュース】F1シンガポール・グランプリ、景気の悪化で観客数減少

~Channel NewsAsia 9月19日~

景気の悪化が影響してか、F1シンガポールGPの観客数が減少した。

主催者によると、レース開催3日間の平均観客数は73,000人で昨年の87,000を大きく下回った。観客数は初めて開催された2008年に10万人を記録した。

観客数減少については世界的な経済減速に加えて、ジカ熱の影響も考えられている。

シンガポールGPによって見込まれる見観光収入は1億5,000万Sドル。

シンガポールGPの契約は来年で終了となるが、その後については契約延長については協議されるものとみられている。