【シンガポールニュース】 ビジネス街“Punggol Disital District”、28,000件の雇用創出が期待

~Channel NewsAsia 1月21日~

シンガポール東部Punggolに開設されるビジネス街“Punggol Disital District”のマスタープランを紹介した展示会が21日開催された。

提示会を訪問したテオ・チーヒアン副首相は、“Punggol Disital District”はシンガポールの新しいビジネスと教育が融合したハブとして、セキュリティーサイバー、データ分析などの分野で28,000件の雇用を創出する述べ、政府の掲げるSmart Nationを後押しすると期待を寄せた。

“Punggol Disital District”の総敷地面積は50ヘクタールで、2013年に都市再開発庁(URA)によって計画案が発表された。2016年にはローレンス・ウォン国家開発相のもとで詳細計画が立案された。

ジュロン・タウン公社(JTC)のデビット・タン副CEOは、“Punggol Disital District”は、計画当初から全ての関係省庁が連携して携わっており、インフラや施設についても持続可能な生活環境・ビジネス環境を考慮したうえで作り上げていくと語った。 “Punggol Disital District”の開設は2023年の予定。