【シンガポールニュース】民間エコノミストによる2018年通年の経済成長率予想は3.2%

~Channel NewsAsia 6月13日~

シンガポール通貨金融庁(MAS)は13日、民間エコノミストによる2018年通年の経済成長率予想が3.2%だったと発表。

MASは四半期ごとに経済成長率について民間エコノミストへの調査を実施している。保護貿易や金利上昇に対する懸念はあるものの、民間エコノミストの経済成長率予想は3月の調査実施時と変わらなかった。

MASによると第1四半期の経済成長率は事前予想3.8%を上回る4.4%。第2四半期の経済成長率の予想は3.9%だが、2019年通年は2.8%とやや減速するとの見方が強い。

今年は製造、金融・保険の両分野が比較的好調を維持するとの見方が強いながら、保護貿易政策の強化による貿易摩擦で経済が失速する可能性はありうると回答した民間エコノミストは全体の84%だった。