【シンガポールニュース】高速鉄道(HSR)事業延期が正式に決定

~Channel NewsAsia 9月3日~

ニュースサイトThe Edgeは、マレーシア政府がクアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)事業延期問題でシンガポール政府と合意したと伝えた。

HSR事業延期は2020年3月31日までで、マレーシア政府は建設費等経費の見直しを図る。

マレーシアのアズミン・アリ経済相は9月3日にシンガポール政府と賠償金なしの事業延期に同意し、今後の詳細については新たにな協定書に署名する段階で明らかになると伝えられた。

また、アリ経済相はシンガポール政府が、景気が回復するまでの事業延期とその間に賠償金が科せられないことを承認したとしながらも、事業再開時期についての明言を控えた。

8月11日にアリ経済相と会談したコー・ブンワン運輸相は暗礁に乗り上げているHSR事業について両国間の協議は8月20日以降に再開されると明言していた。