【シンガポールニュース】ホーカーセンターなどの電子決済システムを統一

~Channel NewsAsia 9月12日~

シンガポール企業庁(Enterprise Singapore)は12日、ホーカーセンターなどの電子決済システムを統一するため、NETSタッチ決済を採用すると発表した。

ホーカーセンターでは迅速なサービスの提供が求められており、キャッシュレス化が加速していた、NETSの統一型端末の導入により、決済システムの異なる複数の端末を保持する必要がなくなる。

利用可能な電子決済サービスは年内にMastercard, Visa, NETSを含む10種類で、2019年8月には更に10種類が加わる。 支払い方法として最終的にはEZ-Link, NETS FlashPay, WeChat Pay, Singtel Dash and GrabPayなど20種類の電子決済を選択することができる。

NETSの統一型端末を導入できるのは、環境省の管轄下にあるホーカーセンターの他、住宅開発局やJTC Corporationが管轄するコーヒーショップや食堂に限定される。