アーカイブ

2017 年 4 月 のアーカイブ

【シンガポールニュース】 3月の製造生産高は前年同月比で10.2%増加

2017 年 4 月 26 日

~Channel NewsAsia 4月26日~

シンガポール経済開発局(EDB)が26日に公表した統計によると、3月の製造生産高は前年同月比で10.2%増加した。 変動の大きいバイオ医療部門を除いた製造生産高は12.4%増だった。

3月の製造生産高は電子機器部門が引き続き牽引した。電子機器部門は半導体が54.6%増と好調で全体でも37.7%増だった。 またモジュール・コンポーネントが15.7%増と伸びをみせた精密エンジニア部門は12.8%増だった。

一方、一般製造部門は5.1%減少した。 食料、飲料、たばこ製品などが4.5%増となったが、雑製品や印刷分野が不調だった。

3月の製造生産高は前月比(季節調整済み)5.0%増。 バイオ医療部門を除いた製造生産高は0.3%増だった。

【シンガポールニュース】 NTUC FairPrice、食品廃棄物量を48トン減らす 

2017 年 4 月 20 日

~Channel NewsAsia 4月20日~

スーパーマーケット最大手NTUC FairPriceは20日、2016年に島内全小売りスペースで廃棄された食品を48トン減らしたと発表した。

1平方メートルあたりで廃棄される食品の量“食品廃棄物指数”を数値で表しており、取り組みをはじめた2014年には11.6kgあったのが、2015年には6.9kgへ大きく減少し、昨年はさらに6.3kgまでに抑えた。

FairPriceでは食品廃棄物量を減らす取り組みを2014年から開始。”Great Taste Less Waste”を掲げ、全食品廃棄物の60%を占める野菜や果物を中心に廃棄処分をする前に少しでも低価格で販売している。

売れ残りの野菜や果物のうち鮮度が保たれているものをそのまま、あるいはカットしたものを袋に詰め直している。

FairPriceのシャー・キアンペンCEOは、小売業にとって、食品廃棄物を減らしていくことは経営の持続に向けた取り組みとして今後も強化していくと話した。

【シンガポールニュース】 eCommerce Airhub、商品の仕分け処理能力をアップ

2017 年 4 月 14 日

~Channel NewsAsia 4月13日~

e-コマースで購入した商品の仕分け設備により、オンラインショッパーはよりタイムリーに海外から送られてくる商品を受け取ることができそうだ。

2,100万シンガポールドルを投入してチャンギ空港に設立されるeCommerce Airhubは6,000平方メートルの敷地面積を有し、商品仕分けの処理能力はこれまでの3倍となり処理スピードは2倍となる。

現在の処理能力は1時間に500アイテムだが、自動化の新施設では1,800の処理を可能にする。また、6時間かかる処理スピードを3時間に短縮する。

eCommerce Airhubグランドハンドリング事業大手SATSとシンガポール民間航空庁が共同運営にあたる

SATSによると、データインターフェイス装置により、トレサビリティの向上も期待できる。

【シンガポールニュース】 1~3月期GDP、速報値で前年同月比2.5%増

2017 年 4 月 13 日

~Channel NewsAsia 4月13日~

シンガポール通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)が13日に発表した1~3月期の国内総生産(GDP)成長率は速報値で前年同期比2.5%増だった。

事前予想の2.4%増を上回ったものの、2.9%増と好調だった前期と比較すると1.9%減少した。メイバンク・キム・エン証券のエコノミスト、チュア・ハクビン氏は、GDP成長をけん引した製造が2016年10~12月に39.8%増と大きく伸びたことを考慮すれば、前期比での落ち込みは驚くものではないと述べた。

実際、製造は前期比6.6%減だったが、前年同期比では逆に6.6%増加。チュア氏は前年比数値は非常に不安定なもので、むしろ前年同月比の数値は健全な伸びをしめていると指摘した。

建設は民間住宅建築の低迷がの不振が響き、前期2.8%減に続き、1.1%減速。前期比では10~12月の0.8%増から5.4%増と回復の兆しも見えた。

サービスも前期比1.5%増と伸びを見せたが、前年同月比で2.2%減少した。

【シンガポールニュース】 車輌購入権(COE)発行数、5-7月は大幅に増加

2017 年 4 月 12 日

~Channel NewsAsia 4月12日~

陸運庁(LTA)は12日、5-7月に発行される車輌購入権(COE)が前期(2-4月期)から 20.1%増の31,708枚となることを発表した。

Widening Pay Gaps
カテゴリー 2-4月期COE発行数/月 5-7月期COE発行数/月
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 4,104 3,797
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 2,714 2,641
カテゴリーC(商業車、バス) 322 2,168
カテゴリーD(バイク) 692 907
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 963 1,055

COE発行数は、前年12月31日時点の車両登録台数の年間増加率(0.25%)をベースに11-1月期の廃車登録数とタクシー台数を考慮し決定される。次回は7月に8-10月期の発行数が発表される。

【シンガポールニュース】 ケーブル切断、西部地区でネット接続に支障

2017 年 4 月 11 日

~Channel NewsAsia 4月11日~

11日午後、超高速ブロードバンドのケーブル切断により、西部ジュロンウェスト、ブンレイ、コーポレートロード地区でインターネットや固定音声サービスが利用できなく事故が発生した。

国内の超高速約ファイバーネットワークを管理するNetLink Trustは、ケーブル切断箇所はブンレイ・アベニューで同社と直接関係のない土建業者の杭打ち作業によるものと発表。

この事故で、通信企業3社(SingTel, Starhub, M1)の3,500人のエンドユーザーに影響が出た模様で、情報通信メディア開発庁(IMDA)はNetLink Trustおよび通信会社に早急しかるべき対応をとるよう促した。

復旧作業におわれているNetLink Trustによると、13日午前中には接続可能となる見込み。


【シンガポールニュース】 自動運転バスの2020年運用開始を目指す

2017 年 4 月 10 日

~Channel NewsAsia 4月10日~

陸運局(LTA)とST Kineticsは10日、自動運転バスの2020年運用開始を目指し、パートナーシップ契約を結んだ。

まずは40人乗りの自動運転バス2台をシンガポール国立大学内とジュロン島で、試験走行させる。 その後試験運転する地域を少しずつ広めていき、最終的には地域間を結ぶ公共バスとする予定だ。

バスにはGPS, ソナー、レーダーが装備され、位置確認を行いながら走行する。 200メートル先の車輌や歩行者も感知する。

ST Kineticsは自動運転バスが豪雨の中でも正確に走行できるよう、現在想定している1時間10ミリ運行から30ミリまで押し上げるよう機能設定を向上させる。

【シンガポールニュース】 パナソニックが冷凍圧縮機の国際本部を移転

2017 年 4 月 7 日

~Channel NewsAsia 4月7日~

パナソニックは7日、冷凍圧縮機の業務本部をシンガポールに開所し、国際本部の拠点を日本からシンガポールに移転したことを発表した。

同社の国際本部の海外移転は初でPanasonic Applicances Refregeration Devices Singapore内に本社を設置する。

また、研究開発機能をアップグレードし、量産開発の機能も移転することも公表された。これにより研究開発センターの規模は現在の2倍になるという。

開所式に出席したリム・スイセイ人材開発相は、シンガポールは全ての経済分野における革新的技術に関わりを持つ必要性があるとしたうえで、技術によって職が奪われることもあるが、逆に技術が新たな雇用を創出すると述べた。

【シンガポールニュース】 数年は煙害の火災は発生させない、南スマトラ州知事が約束

2017 年 4 月 6 日

シンガポールで6日、第4回継続性世界資源(Sustainable World Resources)会議が行われ、インドネシアのアレックス・ノエルディン南スマトラ州知事は6日、シンガポール危害を及ぼす煙害の原因となる火災は発生させないと約束した。

同州知事は、今後3年に渡っては同州が煙害を巻き起こすことはないと強調した。域内では、経済面でも大きな損失をつながる煙害が乾季に発生しており、シンガポールをはじめ複数の国際機関が、煙害対策として、インドネシア政府を支援している。

天気予報士によると、今年も7月頃に、より乾燥した空気が域内を覆うとして煙害に対して注意を呼び掛けている。例年、野焼き火災が発生するスマトラからの風による影響でシンガポールが煙害にみまわれている。

2015年、シンガポールは過去最悪となる煙害を被り、半数以上の小中学校が休校に追いかまれたり、週末のイベントのキャンセルが相次いでビジネス面で大きな影響を受けた。

【シンガポールニュース】 上場企業における女性取締役の割合、2030年の目標は30%

2017 年 4 月 5 日

~Channel NewsAsia 4月4日~

男女差のない性別面での多様性を推進するDiversity Action Committee(DAC)は4日、上場企業における女性取締役の割合を2030年には30%とすると発表した。

昨年末時点での1部上場企業における女性取締役の占める割合は9.9%にとどまり、DACは“HOP, SKIP, JUMP”をスローガンのもと、2020年に20%、2025年に25%、2030年に30%と今後3段階に目標数値を設定して改善を図る。

ロー・ブンチャイDAC委員長は、規模の大きい企業ほど率先して、女性が取締役になることで得られる利益を認識すべきだと強調した。

<table style=”margin-top: 0px;” border=”0″ cellspacing=”0″ cellpadding=”0″><caption style=”text-align: left; font-weight: bold;”></caption>
<tbody>
<tr>
<th style=”background-color: white; text-decoration: underline;”>2015</th>
<th style=”text-align: right; background-color: white; text-decoration: underline;”>2016</th>
<th style=”text-align: center; background-color: white; text-decoration: underline;”>City</th>
<th style=”background-color: white; text-decoration: underline;”>Country</th>
</tr>
<tr>
<td>2</td>
<td style=”text-align: right;”>1</td>
<td style=”text-align: right;”>HONG KONG</td>
<td style=”text-align: right;”>Hong Kong</td>
</tr>
<tr>
<td>1</td>
<td style=”text-align: right;”>2</td>
<td style=”text-align: right;”>LUANDA</td>
<td style=”text-align: right;”>Angola</td>
</tr>
<tr>
<td>3</td>
<td style=”text-align: right;”>3</td>
<td style=”text-align: right;”>ZURICH</td>
<td style=”text-align: right;”>Switzerland</td>
</tr>
<tr>
<td>4</td>
<td style=”text-align: right;”>4</td>
<td style=”text-align: right;”>SINGAPORE</td>
<td style=”text-align: right;”>Singapore</td>
</tr>
<tr>
<td>11</td>
<td style=”text-align: right;”>5</td>
<td style=”text-align: right;”>TOKYO</td>
<td style=”text-align: right;”>Japan</td>
</tr>
<tr>
<td>13</td>
<td style=”text-align: right;”>6</td>
<td style=”text-align: right;”>KINSHASA</td>
<td style=”text-align: right;”>Dem.Rep.of the Congo</td>
</tr>
<tr>
<td>6</td>
<td style=”text-align: right;”>7</td>
<td style=”text-align: right;”>SHANGHAI</td>
<td style=”text-align: right;”>China</td>
</tr>
<tr>
<td>5</td>
<td style=”text-align: right;”>8</td>
<td style=”text-align: right;”>GENEVA</td>
<td style=”text-align: right;”>Switzerland</td>
</tr>
<tr>
<td>10</td>
<td style=”text-align: right;”>9</td>
<td style=”text-align: right;”>NDJAMENA</td>
<td style=”text-align: right;”>Chad</td>
</tr>
<tr>
<td>7</td>
<td style=”text-align: right;”>10</td>
<td style=”text-align: right;”>BEIJING</td>
<td style=”text-align: right;”>China</td>
</tr>
</tbody></table>

DOCが15ヵ国を対象に行った女性取締の占める割合に関する調査で、昨年のシンガポールのランクは13位。1位ノルウェー(42.1%)から大きく離れ、域内でも最下位だった。

【シンガポールニュース】 大型車による人身事故、運転手の45%が外国人労働者

2017 年 4 月 4 日

~Channel NewsAsia 4月4日~

2016年に起きた大型車による事故のうち、45%が外国人労働者の運転によるものだったことが、内閣府は国会答弁で明らかになった。

大型車による人身事故は過去5年間で1年平均791件起きており、そのうち死亡事後は39件だった。

アムリン・アミン内務大臣政務官は、対処策として交通警察は運転スピードなどの情報を記録できる速度調査を試験的に導入すると発表。同試験調査に協力する企業はドライバーの運転状況をデータで確認することで、事故防止の改善に役立てる。

さらに、来年からは既存のスピード測定器に加え、”Average Speed Cameras”と呼ばれる一定の距離間における平均速度を測定器を導入する。

【シンガポールニュース】 民間住宅価格、公営住宅中古価格ともに下落

2017 年 4 月 3 日

~Channel NewsAsia 4月1日~

4月3日に都市再開発庁(URA)が公表した民間住宅価格市況によると、第1四半期の民間住宅価格は0.6%下落し、14期連続で落ち込んだ。 民間住宅指数(Private Residential Property Index)は前期から0.7%下がり136.5ポイントとなった。

土地なし民間住宅価格はCore Central Region(CCR)で前期の0.1%増から0.2%減と落ち込んだ。 Rest of Central Region(RCR)は来横ばいだったがOutside Central Region(OCR)は郊外では0.1%上昇した。 一方、土地付き住宅価格2.8%減と大きく落ち込んだ。

同日、住宅開発局(HDB)が公表した不動産市況レポートでは、シンガポール住宅中古価格指数(SRPI)が第1四半期は前期より0.8%上昇し133.8を記録。SRPIはHDB中古市場において価格変動を知らせる情報として提供されている。

なお、住宅開発局はある程度の申し込み予約数が確保された時点で建設が開始されるBTO(Build-To-Order)と呼ばれる公営住宅を5月に、ウッドランズ、ビダダリ、ゲイラン、イシュンの4地区に建設する。