ホーム > シンガポールニュース > 【シンガポールニュース】 保健省、糖尿病危険度のセルフチェックを推奨

【シンガポールニュース】 保健省、糖尿病危険度のセルフチェックを推奨

2017 年 9 月 19 日

~Channel NewsAsia 9月19日~

保健省(MOH)は40歳以下の市民に糖尿病危険度のセルフチェック”Diabetes Risk Assessment (DRA)”を実施するよう呼び掛けている。

DRAはオンライン上で8つの質問に回答する糖尿病危険度チェックで、18歳から40歳の市民がセルフチェックの結果、更なる検診が必要だと診断された場合は5Sドルで受診が可能となる。

19日に開催されたLet’s Beat Diabetesロードショーで、ガン・キムヨン保健相は、糖尿病のリスク要因は年齢だけではないと強調し、若い世代にセルフチェックを呼び掛けた。

MOHはDRAによって、検診や食生活の改善が必要な糖尿病予備軍の若年層をサポートし、糖尿病問題の抑制を強化できると期待する。9月1日のDRA利用開始からすでに15,000人がセルフチェックを実施し、全体の4%が更なる検診を受けた。

シンガポールにおける糖尿病の問題は深刻化しており、現状のままでは2050年までに糖尿病患者数が100万人に達すると予想されている。


コメントは受け付けていません。