【シンガポールニュース】 1-8月期の来訪者、前年同期比0.6%減

~Channel NewsAsia 10月22日~

シンガポール観光庁(STB)が公表した統計によると、1-8月期の来訪者数は、中国からの観光客が増加したものの、前年同期比0.6%減だった。

主要市場として2番目に大きい東南アジアからの来訪者は前年同期比7.5%減と大きく落ち込んだ。なかでもインドネシアとマレーシアからの来訪者が11.2%減、4.4%減とそれぞれ減少したことが響いた。 一方、中国からの来訪者は19.3%増加。特に5月以降の増加が目立ち、8月は前年同月比で6%増加した。

来訪者数は、1,020万人で、7月、8月はそれぞれ150万人、140万人だった。 平均宿泊料金も5.4%減の242Sドルで、ホテルの平均利用率も前年同期比0.6%下がった。

シンガポールへの来訪者は2014年に前年比で3.1%落ち込み、2009年以来はじめて減少した。