【シンガポールニュース】 民間住宅販売、7月も引き続き好調

~Channel NewsAsia 8月15日~

都市再開発庁(URA)が15日に公表した最新の不動産市況によると、7月に販売された民間住宅(コンドミニアム)件数は前月比35.1%増の1,108戸だった。

民間企業が建設プランから販売までを一括して行う公共住宅(Executive Condominiums:EC)も含めると7月の販売件数は前月の約2倍にあたる2,086件だった。6月の新規販売物件数が159件だったのに対して7月は1,223件と多く、選択肢が増えたことが販売件数増加につながったとみられる。

Yeo Chu Kang地区のECs、‶Hundred Palms Residences”が531戸完売となったのをはじめ、Martin Place地区の‶Martin Modern”が109戸、Tampines地区の‶The Santorini”が82戸の売買された。

不動産仲介業ERAのユージン・リム氏によると、今年1~7月期のECsを除いた民間住宅販売件数は前年同期比50%増で、今年前半の動向から下期も引き続き好調が維持されると予想した。