【シンガポールニュース】 7~9月期のGDP成長率、4.7~5.1%増へ上方修正

~Channel NewsAsia 11月20日~

7~9月期の国内総生産(GDP)成長率が、速報値(前年同期比4.6%増)から上方修正されるとの見方が強まった。

通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)は23日に第3四半期のGDP成長率を最終報告を行うが、それを前に民間エコノミストはGDP増加率を4.7~5.1%増になると予想。この予想値が確定すると3年振りの大幅増となる。

上方修正の要因としては、野村証券エコノミストのブライアン・タン氏は第3四半期の製造生産高が予想値の15.5%増を上回る18.5%だったことを挙げた。タン氏は第3四半期のGDP成長率を4.9%に上方修正した。

第3四半期GDPを上方修正する動きは、9月の製造生産高が前年同月比で14.6%増となった時点でみられていた。9月の製造生産高は事前のアナリストによる予想を上回わり14ヵ月連続の増加となった。