【シンガポールニュース】アルコール入り食品、酒類販売規制の対象外へ

~The Straits Times 1月17日~

自治省(Ministry of Home Affairs-MHA)は17日、飲料を除いた全てのアルコール入り食品を酒類販売規制の対象外とすることを発表した。1月18日からは午後10:30を過ぎてもアルコール入りアイスクリームなどが購入可能となる。

改定案は通産省との協議のうえ決定。商品からアルコール分を摂取しても風紀が乱れる恐れがないのであれば、同商品の販売を規制する必要がないとする消費者や関係者からのフィードバックを重視した。

2015年に承認された酒類販売・消費法案で、午後10:30から翌朝7:00まので間、小売店による酒類の販売と、公園や公営住宅の共有エリアなど公共の場における飲酒が禁止となった。現法ではアルコール分0.5%以上を含む全ての飲料・食品が規制対象品となる。

昨年4月に大手スーパーチェーンNTUC FairPriceがアルコール入りアイスクリームを販売してから、規制緩和に向けた動きがはじまった。同年10月MHAはアルコールの乱用に繋がらないアルコール入り商品を規制の対象外とすることを検討すると発表した。

アルコール入りアイスクリームUdders Ice Creamを販売しているのはFairPrice FinestとコンビニエンスストアCheersで、今回の改定案によって、特に多くの店舗が24時間営業のCheersはUdders Ice Creamの売り上げが伸びることに期待を寄せた。