【シンガポールニュース】コロナ禍で旅行業界やブライダル業界への苦情件数急増

~The Straits Times 8月16日~

シンガポール消費者協会(CASE)によると、2~7月は新型コロナの影響で旅行業界やブライダル業界への苦情件数が急増したことが明らかになった。

旅行業界への苦情件数は前年同期の218件から1,133件に増加。急増の背景には、世界的な渡航制限のためキャンセルを余儀なくされたツアー、フライト、ホテル予約の払い戻しがされなかったことがある。

また苦情内容には旅行のキャンセル料や延期費用の請求や払い戻しの代わりにバウチャーが提供されたケースもある。オンライン予約では、払い戻し不可という規定を理由に払い戻しされなかったとして前年同期の2倍以上の124件の苦情があった。

ブライダル業界への苦情も前年同期の78件から126件に増加。多人数の集会を禁じるなどの内容が盛り込まれた行動制限により、ホテル側が披露宴の延期を認めなかったり、キャンセルをしても払い戻しに応じないケースが多かった。