【シンガポールニュース】マレーシアとの陸路往来、8月10日を目途に再開

~CNA 7月14日~

シンガポールのビビアン・バラクリシュナン外相とマレーシアのヒシャムディン・フセイン外相は14日の共同声明で、2国間の陸路往来について8月10日を目途に再開することを発表した。

対象者は必須業務目的で渡航が必要なビジネスマンと、マレーシアでの長期就労査証を所持するシンガポール居住者とシンガポールでの長期就労査証を所持するマレーシア居住者。長期就労査証所持者は最低3ヵ月間継続して就労すれば短期間帰国することことが許可され、再度入国も可能となる。

対象となる渡航者は、PCR検査を含む両国が合意した一般的な新型コロナウイルス感染予防および公衆衛生対策を遵守する義務がある。また事前に旅程表を渡航する受け入れ国に提出し、滞在中は旅程に従った行動が必要となる。

また、両国は健康監視プロトコルと利用可能な医療リソースを考慮して、両国の渡航者のための適切なスキームを確立することで合意した。今後は両国間の人や経済交流の回復を急ぐ。