【シンガポールニュース】人材開発省、標準的就業ガイドライン順守を監視

~CNA 5月29日~

人材開発省(MOM)は29日、Circuit Breaker規制解除の第1段階期間中、事業再開が許可される職場の「標準的職業ガイドライン」が順守されているか監視していくと発表した。ガイドラインに順守していない企業に対しては職場閉鎖を命ずる。

「標準的職業ガイドライン」では就労時間内、就労時間後に問わず、出社した社員同士の交流は許可されない。食事や休憩時も社員同士で集まることも禁じている。また、出社する社員はTraceTogether appというアプリケーションを使用することや職場でのマスク着用を義務付ける。

さらに、企業側は、SafeEntry visitor management systemというアプリを使用し、職場での人の出入りの確認作業が必要となる。

6月2日からは、必須部門で感染リスクが低い環境での事業再開が許可されるものの、MOMは在宅勤務による作業が可能な場合は、引き続き企業に対して在宅勤務を義務付ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*