【シンガポールニュース】保険大手Prudential、年齢に関係なく平等の中央積立金(CPF)スキームを導入

~CNA 8月7日~

保険大手Prudentialは7日、55歳以上のスタッフの中央積立金(CPF)負担率を55歳未満のスタッフと同率にしたと発表した。

自己負担型年金制度であるCPFの55歳未満の被雇用者に対する負担額は給与の37%で、17%を雇用者が、20%を被雇用者が負担することが義務付けられている。55歳以上の被雇用者に対する負担率は年齢層に応じて12.5~26%と定められている。

Prudentialは、55歳以上のスタッフが個人負担額を20%選択した場合、雇用主の負担額も17%引き上げるオプトインのスキームを取り入れた。これにより61歳で月給5,000Sドルのスタッフの場合、CPF額がこれまでより1,025Sドル増えることになる。新しいスキームの恩恵を受けているスタッフは現在46人。

Prudentialシンガポールのウィルフ・ブラックバーンCEOは、シンガポール保険労組との緊密な協議で導入された新しいCPFスキーム人により「年齢に優しい職場」を作ることを目指していると語った。「スタッフ個々のパフォーマンスに報いることからも、年齢に関係なく平等にCPFを捻出することにした」と加えた。

同社は昨年10月に退職年齢を廃止し、年長の従業員が仕事を続けられるなど社内規定を変更した。