【シンガポールニュース】医療機器市場の2018年から2023年までの年平均成長率を8.4%

~The Straits Times 7月25日~

フィッチ・ソルーション・マクロ・リサーチの報告書で、シンガポールの医療機器市場の2018年から2023年までの年平均成長率を8.4%と予想した。

高齢化による医療ニーズに対する政府支出の増加も、米中貿易の緊張や世界経済の勢いの弱まりが大きく影響しているとフィッチ・ソリューションズは指摘。

高齢化による疾病の増加、個人貯蓄と政府負担による質の高い医療提供および世界トップ5にランクインする医療ツーリズムが医療機器市場を牽引しており、同会社は、シンガポールの医療機器市場が今年は6.6%、2020年に8.4%成長すると予測。

さらに、同会社は医療部門に対する政府の強力な財政的支援や医療機器産業における海外投資誘致拡大なども同市場の成長を促進すると報告書で述べている。

一方で、人口が少なく市場規模が小さいこと、さらに市場の発展を妨げる可能性のある政府の規制などが市場成長のマイナス要因であると分析した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*