【シンガポールニュース】就労パスを持つマレーシア人への自宅待機期間が7日間に短縮

~The Straits Times 8月6日~

ガン・キムヨン保健省は8月6日、シンガポールの就労パスを持つマレーシア人に対してシンガポール入国後の自宅待機期間(SHN)を14日間から7日間に短縮すると発表した。

SHNの短縮はマレーシアの新型コロナウイルスによる有病率がシンガポールとほぼ同じであり、感染のリスクも極めて似ているというリスク評価に基づいたもの。

保健省の医療サービス局長であるケネス・マック氏は、政府はシンガポールへの渡航者に対する政策方針を常に見直しているとしたうえで、当初はコロナウイルスの最大潜伏期間である14日間を隔離期間としていたが、調査を続けるなかで、コロナ感染症状が発生した渡航者のほとんどが入国して5~6日で症状が現れていることを確認したと述べた。

シンガポールの就労パスを持つマレーシア人は陸路経由での入国と渡航先で最低90日間滞在することが義務付けられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*