【シンガポールニュース】最大250人までの国際会議・展示会・見本市の開催を許可

~CNA 9月7日~

チャン・チュンシン通産相は9月7日、経済活動再開計画の一環として、最大250人までの国際会議・展示会・見本市の開催を10月1日から許可すると発表した。MICEイベントの申請には主催企業が安全管理対策案を明示する必要がある。

イベントの容認数を増やすことで、MICEイベントを活性化し、新型コロナウイルス感染で最も大きな打撃を受けた航空・観光業界の回復を狙う。

今回の決定により、試験的なイベントとして10月にシンガポール国際エネルギー週間会議が開催される。シンガポール政府観光局(STB)はこうした試験イベントを通じて、ビジネスイベントを安全に開催するための基本手順をまとめる。

昨年実施されたSTBの調査によると、MICE産業は34,000以上の雇用をサポートし、経済的付加価値は国のGDP1%分に相当する38億Sドルだった。また、ビジネス旅行者の1人あたりの旅行消費額はレジャー旅行者の2倍を記録しており、政府はMICEの誘致にも注力している。