【シンガポールニュース】経済成長減速、2018年通年のGDP成長率は3.2%

~The Straits Times  2月15日~

通産省(Ministry of Trade and Industry=MTI)が15日に発表した2018年通年の国内生産(GDP)成長率3.2%で2017年の3.9%より減速した。世界じゅうの貿易をめぐる緊張の高まりが経済成長に悪影響を与えた。

2019年の経済成長についてMTIは、1.5~3.5%と事前予想を据え置きしながらも、予想範囲の中間点をやや下回るのではないかとの見解を示した。中国経済が予想以上に悪化し、米国との貿易摩擦が続くなか、昨年第4四半期からのシンガポール経済への脅威は高まっているとの見方を強めた。

昨年第4四半期の成長率は前年同期比1.9%で、2016年第3四半期以来の低水準で、速報値2.2%を下回った。

MTIのロー・キュムイーン事務局長はBrexit問題で、英国がUEから合意なき離脱に陥った場合のシンガポール経済への打撃を懸念した。Brexitについては情勢がはっきりしていないと前置きしながらも、ロー事務局長は英国と欧州との間にも新たな貿易摩擦が生じ、シンガポール経済の減速に拍車をかける恐れも指摘した。