【シンガポールニュース】総合リゾート、一部営業を再開

~CNA 7月1日~

総合リゾート施設(IR)、リゾーツ・ワールド・セント-サ(RWS)とマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)が7月1日に入場者数を限定して一部営業を再開した。

RWSのユニバーサル・スタジオは収容人数の25%に縮小して営業を再開した。しかしストリート・パフォーマンスや劇場でのショーは引き続き行わない。カジノは会員に限定して営業を再開した。

MBSもArtScience Museum, Sands SkyPark Observation Deckそしてカジノの営業を入場者数を制限して再開した。

RWSもRWSも今後は順次、他の施設の営業も再開する。またガーデンズ・バイ・ザ・ベイのフラワードームは7月1日から10日まではFriends of the Gardensメンバーを対象に公開され、11日から一般公開される。