【シンガポールニュース】4月に閉鎖された事業体数は3,800件

~CNA 6月5日~

チー・ホン・タット通産担当大臣は6月5日、4月に閉鎖された事業体数は3,800件で、過去5年の同月の平均3,700件を超えたことを明らかにした。コロナ禍で国内経済が困難に直面するなか事業体の閉鎖は今後増加するとみられている。

一方、新たに設立された事業は3,800件で過去5年の同月平均5,500件を大きく下回った。新しいビジネスの立ち上げは全ての分野で減少した。

チー通産担当大臣は、新型コロナウイルスのパンデミックにより、年内は複数の分野が厳しい状況に見舞われるとしたうえで、特に世界経済の低迷により輸出など外需に依存する分野は大きな影響を受けるとの見解を示した。また、渡航制限によって航空会社や旅行代理店が打撃を受けるほか、飲食業やサービス業も不振が続くと述べた。

コロナ禍で企業倒産や経営縮小に拍車がかかるなか、チー通産担当大臣は、”労働者を守る”立場からSGUnited Jobs and Skills Packageを導入するなど求職者支援を強化していると強調した。