【シンガポールニュース】 ウィンタイ・ホールディングス, 業績不振で小売部門を縮小

~Channel NewsAsia 8月13日~

不動産開発大手で国内で100店舗を超える小売業も展開するウィンタイ・ホールディングスが業績不振で小売部門を縮小すると発表。

2015年6月期決算によると、不動産部門での不振が主因となり、純利益は41%減の150.3万Sドルで、収益も16%減の676.7万Sドルだった。

ウィンタイ・ホールディングスでは、年内は民間住宅の販売市場は不振が続き、小売業はより厳しい状況に突入すると分析。

タン・ヒュイービン専務は、小売店について、統合整理をすすめており、利益を生み出す店舗の経営に集中することに言及した。

同社は、飲食店の吉野家やブランド店 G2000 やTopshopなどを経営している。