【シンガポールニュース】 短い期間で転職が増加

~The Straits Times 6月15日~

転職に関する最新の調査結果で、短い期間で転職するシンガポール人が増加していることがわかった。

ビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス最大手LinkedInが就業者542人を対象にEメールで調査を行ったところ、昨年の27%を上回る35%が新しい仕事を探していると回答した。

より多くの就業者が転職を希望していることについて、LinkedInのフェオン・アン氏は、慢性的な人材不足を背景に、専門的知識を有する就業者が将来的な展望に自信をもっている表れではないかと分析している。

また、人材紹介会社Manpower Group Singaporeのリンダ・ティオ氏は、就労期間について、数年前までは、平均で最低2年は継続していたが、最近は2年以内で次の仕事に就くケースが目立っているという。また、頻繁に転職するのは25歳以下の若者に多いようだ。