【シンガポールニュース】 若年層の肥満が深刻化、糖尿病のリスク高まる

~The Straits Times 2月22日~

疫学者による最新の統計で、肥満人口の増加を背景に、人口全体における糖尿病患者の割合が上昇傾向にあることが明らかとなった。

成人で糖尿病を患う確率は1992年の8.6%から2010年には11.3%に上昇。さらに2015年には12.9%となり今後も上昇するとの見方が強い。

Saw Swee Hock School of Public Healthのチア・キーセン学長は、今年25~34歳になる成人が65歳までに糖尿病を患う確率は34%におよび、糖尿病リスクを高めている肥満の防止を強化する必要性を示唆した。

同学長は、40歳未満の運動不測による肥満傾向は加速しており、20代成人は社会人となり生活スタイルが一変することが60代以降の健康に大きな影響を与えることを十分理解する必要があると強調した。 運動不足になりがちでありながら、食べ物の摂取量が変わらなかったり、逆に収入を得ることでこれまで以上の摂取量となることに警鐘を鳴らした。

さらに深刻なのは、肥満の低年齢化で、教育相の調べでは学生の肥満率が2000年の10%から2014年は12%に上昇。 健康促進局(Health Promotion Board, HPB)は、中学、専門学校、高等専門学校に保健師を派遣し、健康教育・保健指導を通じて疾病の予防や健康増進などの活動を強化している。

また、HPBは小・中学校の食堂で栄養バランスのとれたセットメニューを提供し、幼少時から栄養バランスのとれた食生活を身につけることで、肥満児の割合を抑えるプログラムなどにも取り組んでいる。