【シンガポールニュース】10月のコア・インフレ、前月から0.1ポイント減の0.6%

~The Straits Times 11月25日~

25日に発表された10月の消費者物価指数(CPI、2014年=100)は100.4となり、前年同月から0.4%上昇した。コアインフレ率(運輸や住宅など、政府の政策の影響を受けやすい項目を除外したインフレ率)は前月より0.1ポイント減少の0.6%となり2016年3月以来の低水準となった。

通貨金融庁(MAS)と通産省(MTI)によると、10月は電気・ガスの値下がりのほか、サービス価格の上げ幅が縮小したことが大きく影響した。電気・ガス価格は電気代値下げや電力オープン市場(OEM)による電力自由化の効果により前年同月比では9月の8.3%減から10月は12.5%減となった。また、サービス価格は9月の1.4%から1.2%に鈍化した。

Bloombergは事前予想でCPI、コアインフレ率ともに前月と同じ0.5%、0.7%と予測していた。メイバンク・キムエンのエコノミスト、チュア・ハクビン氏とリー・ジュイ氏は、来年のインフレ圧力は、景気回復が鈍いことに加え、賃金上昇が緩やかなことから、現状維持で推移するとの見方を示した。

2019年通年のインフレ率の予測は0.5〜1.5%、コア指数は1.0〜2.0%に据え置く一方、2020年通年はともに0.5~1.5%と予測。