【シンガポールニュース】4月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比11.7%減

~The Straits Times 4月17日~

シンガポール企業庁(Enterprise Singapore)が17日公表した3月の非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)は、136億6440万ドルで前年同月比11.7%減だった。4カ月ぶりに増加した2月(4.8%増)からマイナスに転じた。

3月はブルームバーグのアナリストによる事前予想2.2%減より下げ幅が大きく、2016年10月以来もっとも大きな減速となった。なかでも電気機器輸出が前月の26.7%減と急落し2013年3月以降で最大の下げ幅を記録した。パソコンの46.3%減をはじめ、ディスクメディア製品が40.3%減、ICが22.2%減と大きく落ち込んだ。

メイバンクのエコノミスト、リー・ジュイ氏は、電子機器輸出の落ち込みはシンガポールのみならず韓国や台湾でも顕著にみられるとしたうえで、電子機器のダウンサイクルは底打ちに近づいている可能性があり、5月の米中貿易協定が実現すれば、今年後半からは少しずつ改善に向かう可能性もあると付け加えた。

非電子機器の輸出は、2月の9.4%増からマイナスに転じ、前年同期比7%減となった。医薬品(36.5%減)、特殊機械(24.4%減)、石油化学製品(15.1%減)の出荷減速が主因だった。