【シンガポールニュース】4月の非石油地場輸出(Nodx)は前年同月比10%減

~The Straits Times 4月17日~

シンガポール企業庁(Enterprise Singapore)が17日公表した4月の非石油地場輸出(Nodx=石油輸出・再輸出を除く輸出)は、132億Sドルで前年同月比10%減だった。前年同月比では先月に続いて大幅減となった。。

4月はブルームバーグのアナリストによる事前予想4.6%減より下げ幅が大きく、電子機器輸出および非電子機器輸出ともに落ち込んだ。

電気機器輸出は3月の26.7%減に続き4月も16.3%減と不調が続いた。ディスクメディア製品が31.3%減、ICが21.2%減、ICパーツが51.7%減と大きく落ち込んだ。非電子機器の輸出は7.9%減で、医薬品(46.6%減)、特殊機械(22.7%減)、石油化学製品(13.6%減)の出荷減速が主因だった。

Nodx主要市場10ヵ国・地域全体では香港と米国以外は不調で、 EUが25.4%減、日本が31.3%減と大幅減少を記録した。また最大の輸出国中国も5.8%減と減速した。