【シンガポールニュース】Arcturus、コロナワクチン初期臨床開始

~The Straits Times 8月11日~

米バイオ医療のArcturus Therapeutics Holdingsは11日、新型コロナウイルスワクチン候補の初期段階の臨床試験を開始したと発表した。

初回の被験者は21~55歳のボランティアで、ワクチンの投与量、安全性、効果を試験する。試験結果のデータに基づき、被験者を56~80歳と若年層に広げる。

Arcturusは、デューク─シンガポール国立大学(NUS)医学部大学院とワクチン候補を共同開発している。

Lunar-Cov19と名付けられたワクチンは、当初9月に試験を開始する予定でしたが、「期待を超える」前臨床試験により事前に承認された。今回の臨床試験の結果は第4・四半期に判明する。