【東南アジア市場編】 タイトな日程から「ゆっくり」「のんびり」へ

★訪日外国人の観光誘致を考える Vol.5

日本政府観光局(JNTO)が5月20日に発表した4月の訪日外客数は、前年同月比43.3%増の176万4000人で、3ヵ月連続で単月での最高記録を更新した。

東京、富士山、京都、大阪を回る旅程、いわゆるゴールデンルートは、相変わらず東南アジア市場では人気のパッケージツアーとなっているようだ。限られた滞在期間で、出来るだけ多くの観光地を回るという商品は、はじめて日本を訪れる外国人観光客の目から見たら、とても魅力的に映るだろう。

ゴールデンルートは、ツアーを取り扱う代理店が同じであれば、それぞれの観光地で立ち寄るスポットもほぼ同じである。しかし、現実的には全てのスポットに立ち寄ることは非常に厳しい。そこで、過密なスケジュールをどう端折るかは、交通状況や天候などを考慮し、ガイドとエスコートが話し合い決めているケースが多い。

そのせいか、帰国後にツアー内容について旅行代理店にクレームをつける外国人観光客もいるとか。「もう少しゆっくり観光スポットを回りたかった」、「日程表が変更され行きたかったところが行けなかった」、「どこに行っても急がされる」というようなフィードバックも多いようだ。

JNTOの統計でも明らかなように、訪日外客数は増加傾向にあり、ゴールデンルートの観光スポットは、これまで以上に混雑が予想される。マスを対象としたツアーにおいても、多くの観光スポットを次から次に足早に移動するパッケージツアーには限界があるのではないかと思う。

公にされている統計はないと思うが、少なくとも東南アジア諸国(恐らく他の市場も同じだと思うが)から団体ツアーで日本に観光でやってくる旅行者は歩くスピードもやや遅めの年配の方が多い。しかも、敢えて言わせてもらえば、集合時間に遅れることへの罪悪感のない方が多い。

4月上旬、成田空港と関西国際空港の出発ロビーで、インドネシア人・ベトナム人の観光客にゴールデンルートの感想を聞いてみた。
-スケジュールが変更され、行きたいところに行けなかった(インドネシア人)
-後半の京都では、疲れからバスの中で休憩し、金閣寺にも清水寺にも行けなかった(インドネシア人)
-買い物時間が短かった(ベトナム人)
-どこにいっても急いで行動するよう言われた(ベトナム人)
-もっとのんびりしたかった(インドネシア人・ベトナム人)

今後は、東南アジア市場でも「ゆっくり・のんびりしたい」というニーズが高まると予想している。ゴールデンルートでは味わえない「ゆっくり」「のんびり」を強調したツアーを商品化し、各市場にPRする観光誘致も考えていきたい。

*KAMO CONSULTANCYは東南アジア諸国からの旅行者が求める旅程を考案するインバウンドコンサルタントです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*