【東南アジア市場編】 「おもてなし」で観光誘致

★訪日外国人の観光誘致を考える Vol.3

「世界経済フォーラム(WEF)」が6日に発表した最新の「旅行・観光競争力報告書」で日本は調査対象141国・地域の中で9位にランクイン。報告書によると、「文化という観光資源」、「安全」、「衛生」、「交通インフラ」などで高評価を得たという。

「O・MO・TE・NA・SHI」を含めた日本の「文化という観光資源」は、観光誘致を考える上で、今後ますます注目されるだろう。

産経ニュースが5日、日本の文化「おもてなし」で外国人観光客の注目を集めている東京台東区谷中を取り上げている。興味深いのは、地元の旅館を中心に地域一体で外国人観光客に喜ばれる細やかな気配りを心がけていること。外国人観光客が歓迎されていると実感できるのは、日本人の細やかな気配りに触れた時だという。

谷中の地元行事への参加を外国人宿泊客に勧めている旅館「澤の屋」では、来年1月まで予約が埋まっているという。宿泊客のうち外国人旅行者が9割を超える。料金は一人(4,5畳)一泊で5,184円と格安ではあるが、館主は片言の英語で対応し、部屋は和室でバス・トイレなしという環境だそうだ。

訪日外国人の観光誘致に力を入れる地域団体の場合、周辺の観光地とを結ぶ観光周遊ルートを考え、海外市場に売り込むケースが多いように見受けられる。町おこし・村おこしを目的とした訪日外国人の観光誘致では、考案された観光周遊ルートの観光地ばかりが目立ち、その町・村の存在がかすんで見えるケースも少なくない。

観光誘致といいながら、「観光地のxxxに寄ったついでにウチにも寄ってくれないかなあ」という思惑が丸見えで、積極的に誘致になっていないケースもある。やや乱暴かもしれないけども、「あんな所行かなくても、ウチに寄ってくれればこんな良い事があるのに」というぐらいのアピールがあっていいと思うのだが・・・・・。

地域団体が新たな観光周遊ルートを構築することは非常に大切なことだが、それぞれが「わが町」「わが村」の良さを違った角度からアピールできるような動きがとれているのだろうか? 

谷中の場合は、訪日外国人が最も多く訪れる東京に位置するというアドバンテージはあるが、地方の地域団体でも、地域が一体となり「おもてなし」で外国人観光客を呼び寄せることは十分可能だと考える。

最近、インバウンドで町おこしや村おこしを企画するxxxxx推進協議会とかxxxxxx促進協力隊とかいう団体名をよく耳にする。こうした団体の今後の活動に注目したい。

*KAMO CONSULTANCYは東南アジア諸国からの旅行者が求める旅程を考案するインバウンドコンサルタントです