【シンガポール】後発組の海外展開

KAMOBSこぼれ話 Vol.127

来場者がブースに立ち寄っても、慌てずゆっくりお茶を淹れる。「冷めると味が変わるから」と、作り置きはしない。美味しいお茶が出来上がるまでは、自慢の娘さんが流暢な英語でつなぐ。待ちきれずにブースを立ち去る来場者がいても構わない。あまりお茶ゃには興味がないんだなと判断するだけ。

白川茶を海外の食品展示会で紹介するのは、8月の香港に次いで2度目。香港では、お茶の入った試飲用カップを手にして立ち去る来場者がほとんどだったとか。株式会社菊之園の渡辺和重社長にとっては今回が初めてのシンガポール。白川茶の話に興味を持って聞いてくれる来場者が予想以上に多いと頬を緩める。立ちながらであるがしっかりした商談もできている。すぐにでも始められそうな具体的な案件もあった。帰国後に川霧で頭を冷やしてから、シンガポール市場に向けての動きを再開する。

すでに多くの緑茶がシンガポールでは流通しているなかで、白川茶をどうアピールするか来星前から戦略は練ってきた。後発組は不利だと言われるが、後発組だからこそ出来る訴求の仕方はある。今回は戦略がうまくはまった。

国内では、消費者層の拡大を目的にオンライン販売を強化。また、少しでも若い世代に白川茶を広げたいと、アニメ風のキャラクターをデザインしたパッケージを作成し販売している。今後は海外でも販路を築き白川茶を安定的に輸出したいという。後継者不足に悩む茶園を守りたいという思いも強い。海外展開をすすめることで、少しでも多くの若者が茶栽培にも目を向けてくれたらと渡辺社長。

400年以上続く、茶栽培と白川茶への思いを胸に、ゆっくりしたペースでお茶を淹れる。その傍では浴衣姿の娘さんが来場者と談笑。次の世代に繋ぐため、まずはこの娘さんに白川茶の将来を託してみては? そんなことを思いながら、父娘が奮闘する姿を見つめている。

【シンガポールニュース】シンガポール初、完全キャッシュレスのスーパーマーケット

~The Straits Times 10月16日~

シンガポール初となる完全キャッシュレスのスーパーマーケットHabitatが18日、パシルパンジャンにオープンする。

敷地面積は60,000平方フィートで、和牛や地ビールなどプレミアム食材を含め。20,000点以上の商品を販売する。

経営するのは地場系Honestbee社。買い物客はHonestbeeの専用アプリを使用し、商品バーコードをスキャンすることで支払いが完了。また、同スーパーマーケットではバーコードスキャンと商品のパッキングを自動で行う自動チェックアウトシステムを利用することもできる。

店内には15の飲食店があり、自動チェックアウトシステムを利用した買い物客は商品がパッキングされるまで、飲食店で食事できるだけでなく商品を受け取ることも可能。

Honestbee社は宅配スーパーとして2015年に設立。オンラインショッピングが流行となっているものの、全世界の小売り事業の売上のうちオンラインショッピングによるものは全体の10%に満たないというデータをもとに実店舗での営業を開始した。

【シンガポールニュース】禁煙推進活動、「I Quit 28-Day Countdown programme」開始

~The Straits Times  10月14日~

健康促進局は14日、禁煙推進活動の一環として「I Quit 28-Day Countdown programme」を開始した。

昨年は20,000人が同プログラムにサインしたものの、キャンペーン期間中に禁煙したのは2,000人程度。アミリン・アミン保健担当政務官は、期待したほどの成果ではなかったと述べた。

アミン保健担当政務官は、喫煙者を禁煙に向かわせるのは容易なことでなく、来年に向けて禁煙推進活動を強化していくと話した。

今年初頭、政府はシンガポールの喫煙率を2020年までに10%以下に抑えたいとする声明を発表。昨年の禁煙率は12%。

健康促進局が昨年実施した調査によると、「健康」、「家族」、「出費」が禁煙へのモチベーションにつながる要因トップ3に挙げられた。

【シンガポールニュース】8月の小売売上高、乗用車販売が不振で減少

~The Straits Times 10月12日~

c(DOS)が12日に発表した8月の小売売上高は、自動車販売の不振が響き2カ月連続で減少した。売上高は前年同月比0.4%減の38億Sドルだった。

8月は自動車が前月の15.2%減に引き続き12.8%減と振るわなかったほか、コンピューターや通信機器が3.8%減,光学製品が2.1%減と落ち込んだ。一方で貴金属が6.3%増と好調だった。

オンラインショップでの売上高が4.6%増と堅調だったことから、自動車を除いた売上高は2.4%と、前月の0.1%増を大きく上回った。

8月の小売売上高は前月比(季節調整済み)では2.5%増加したが、乗用車を除いた売上高は2.0%増だった。

【シンガポールニュース】チャンギ空港のJewel、小売スペース占有率90%

~The Straits Times 10月11日~

チャンギ空港の大型複合施設「Jewel Changi Airport」の小売スペース占有率が90%近くに達していることがわかった。

Jewelのタン・ムイネオ氏によると契約店全体の約25%がシンガポールに初出店となる旗艦店やブランドを扱う店となる。このなかには日本以外では初めてポケモン専門ショップも出店。また、米系レストランShake Shack’sもシンガポール1号店を開業する。

その他、スニーカーやスポーツウェアのNikeが自社店舗としては東南アジア最大となる延べ面積1,000平方フィートの店舗を開業する。

また、Jewelは海外からの渡航者に地元のブランドを紹介することにも注力しており、全小売店の45%が地場系企業の出店となる。Tiger Beerは国内で初めてとなるコンセプトショップThe Tiger Street Labをオープンする。

「Jewel Changi Airport」は2019年3月末の開業を目指している。

【シンガポールニュース】レストラン向けソリューションのスタートアップ、1,000万シンガポール・ドルの資金調達

~The Straits Times 10月10日~

レストラン向けソリューションを提供するTabSquareが1,000万シンガポール・ドルの資金調達を実施した。

本資金調達はシリーズBラウンドによるもので、コカ・コーラ・アマティル、Resorts World、既存の投資家Walden Internationalが投資した。

TabSquareは調達した資金で、人口知能(AI)を強化し、ソリューションサービスを充実させせ、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイでの事業拡大を加速させる。

TabSquare は2012年に設立されたソフトウェア企業。SmartTab eMenuやSmartKioskなどタブレット上で注文から支払いまでを可能としたサービスだけでなく、顧客の好みに合わせてメニューを推奨したりワインペアリングの提案などができるエンドツーエンドのソリューションを提供している。

【シンガポールニュース】民間住宅の中古価格、2カ月連続で下落

~The Straits Times 10月9日~

不動産情報サービスを提供するSRX Propertyが9日に発表した9月の民間集合住宅(コンドミニアム、アパート)の中古販売価格指数(速報値、2009年1月=100)は189.9ポイントで前月より0.2%下落した。8月の0.3%減に続き2カ月連続でマイナスとなった。

民間集合住宅の中古価格は7月までに12ヵ月連続で値上がり住宅市場は過熱していたが、7月に予想外の不動産相場政策が発表されてからマイナスに転じた。ただし、9月の中古販売価格指数は前年同月比では10.9%高かった。

不動産相場政策より9月の販売件数は702件と8月(707件)を下回った。前年同月比では44.3%減と大きく落ち込んだ。

不動産OrangeTee & Tieのクリスティーン・スン氏は、民間集合住宅の中古販売が後退した理由としてハングリー・ゴースト・フェスティバルの時期と重なったことも指摘したうえで、買い手と売り手の間で販売価格への期待感に大きな相違が生じたことが主因だと述べた。

スン氏は、不動産相場政策により「潜在的な買い手側はより販売価格が下落するのを期待し、売り手は景気も雇用も堅調ななか、販売価格の下落に嫌悪感を示している」と述べた。

【シンガポールニュース】貿易摩擦で、中小企業は事業拡大により慎重な姿勢

~The Straits Times 10月08日~

シンガポール事業連盟(SBF)と信用情報DP Information Groupが8日に発表した今年第3四半期の中小企業景況感指数(SBF-DP SME Index)は前期から0.5ポイント下がり51.0ポイントだった。

調査は、中小企業の経営者・幹部3,600人を対象に8月から9月に渡って実施された。 SBFは、貿易摩擦が深刻化するなか、今後6カ月の企業業績が上向くという楽観的な見方がやや弱くなっていると説明。事業拡大についても半年前より慎重になっていると分析。

産業別では、製造が投入コスト増加が利益に大きな影響を与えると言う懸念から景況感指数低下につながった。一方、飲食や小売は、年末のクリスマス商戦への期待やオンラインショッピングのデリバリー産業が堅調なことから、事業拡大についてもっとも楽観的な見方が強かった。

SBF-DP SME Indexは50を超えると「景況改善」、50を下回ると「景況悪化」を示す。な今年下期に向けて企業業績が上向くという楽観的な見方がやや強くなっていると説明。

【シンガポールニュース】幼年期開発局、就学前の母国語教育強化へ

~The Straits Times 10月5日~

幼年期開発局(Early Childhood Development Agency=ECDA) は、就学前の母国語教育強化の支援補助金として300万Sドルを投入する。

母国語教育強化の一環として、来年から教員の母国語に関連する文化習得や母国語の会話技術を向上させる検定コースが設けることになった。

2年間の検定コースを受講し、その後も母国語を教える教員には2,000Sドルのボーナスが支給される。中国語に関してはすでに類似したカリキュラムがあるため、マレー語とタミール語を対象に開始される。

母国語教育支援の内容は5日に開催された学会(Early Childhood Conference 2018 )で明らかにされた。デスモンド・リー社会・家族開発相は、バイリンガル学習の基盤作りとして、幼年期は愛情を持って母国語を教えるのに最もいい時期だと述べた。

幼年期開発局は国内の就学前教育施設に教育・保育サービス供給の統括を行っている政府機関である。

【シンガポールニュース】マレーシア産のアイスバーグ種のレタスがリコール

~Channel NewsAsia 10月04日~

シンガポール農業食品家畜庁(AVA)は4日、小売チェーン店で販売されていたレタスから基準値を超える殺虫組成物フィプロニルが検出されたことから回収を命じた。

回収対象となったのは、Go Fresh Impexが輸入し、小売りチェーンNTUC FairPriceとSheng Siongに卸していたマレーシア産のアイスバーグ種のレタスで、“サプライヤーコード40”と記載されたPasarブランド商品。

今月2日にFairPrice側が商品の異変に気付き、AVAに安全基準に検査を依頼。食品安全性に問題があるとして4日に両小売チェーンに回収を命じた。

FairPriceスポークスマンは、同日に対象商品を回収し、各店等やSNSでリコールについて報告した。

AVAは食品の安全性食品規則に遵守し定期的に調査しており、検査や試験で不適正と判断された場合は商品が流通することはない。