【シンガポールニュース】Grabが海外への即時送金サービスを提供

~The Straits Times 11月15日~

モバイル決済「Asean e-wallet」構想を掲げる配車サービス大手Grabは15日、海外のGrabPay wattlet利用者に即時で安全な送金が可能なサービスを提供すると発表した。

シンガポールで開催されている第33回アセアンサミットで公表されたもので、2019年初頭から開始される。

Grabによると、既存の送金システムと比べても、受取人へ即座に着金ができる域内初のモバイル財布間の送金となる。送金された額は、現金として引き出すかGrabPay wattletで決済に使用することができる。

Grabはモバイル財布間の送金が、複数の通貨が利用できるアセアンのモバイル財布の足掛かりとなるとし、「モバイル財布は、越境ECのビジネス機会を増やす一方で、域内の観光や出張時において支払いの煩わしさを軽減する」と強調した。

アセアンサミットに出席したヴィヴィアン・バラクリシュナン外相は、「域内におけるリアルタイムな決済システムは市民や中小企業のあいだで広まっており、革新的なデジタルサービスが民間企業からより多く提供されることを楽しみにしている」と述べた。

東南アジアの送金市場は2017年に700億ドル(960億シンガポール・ドル)に相当すると推定。Grabは最も送金を必要とする外国人労働者の多くは認可を受けていない代理店に依存し続けていると指摘した。