【シンガポールニュース】 2019年、分析やデータ処理関連の求人が増加

~The Straits Times 11月28日~

人材紹介会社ロバート・ウォルターズによる給与に関する調査報告によると、来年は分析・データ処理関連の求人が増加する。

7月に発覚した国内史上最悪のサイバー攻撃をうけて、サイバーセキュリティを強化するため、データサイエンティスト、製品管理、UXデザイナー、デジタルマーケティングなどの雇用が注目されそうだ。

調査報告によると、転職者の給与は5~15%増加することが予想され、なかでもIT、デジタル、金融の各サービス業への転職にともなう給与アップが最も大きく期待される。

また、人事ではHRテクノロジー活用の経験者、金融サービス部門ではビジネススキルを兼ね備えた経験者の求人も引き続き多いと予想。