【シンガポールニュース】11月のチャンギ空港利用者数は540万人

~The Straits Times 12月21日~

チャンギエアポートグループ(CAG)が21日に発表した統計によると、11月のチャンギ空港利用者数は前年同月比4.5%増の540万人だった。交通量は2.3%増え31,910便、航空貨物の取扱量は前年同月と変わらず189,000トンだった。

11月はインドーシンガポール間の利用者数が15%増と大きく伸び、主要市場10ヵ国への往来利用者数増加を牽引した。11月は主要市場10ヵ国全てで利用客数が前年同月比で上回り、インドの他、ドイツ(30%)、アメリカ(22%)、ニュージーランド(17%)2桁の伸びとなった。

インドーシンガポール間では、11月16日から12月15日までにIndiGo Airlinesによるヴィジャヤワーダ行きとJet Airwaysによるプネー行きの直行便(週2便)サービスが始まったほか、Jet Airwaysはデリーとムンバイへの直行便を週7便に変更した。

CAGによると、12月1日現在、チャンギ空港では100社以上の航空会社が運航しており、シンガポールと世界中の約100の国と地域の約400の都市を結んでいる。