【シンガポールニュース】中等学校の能力別クラス編成が廃止

~Channel NewsAsia 3月5日~

オン・イクエン教育相は5日、小学校卒業試験(PSLE)の点数で決定される中等学校の能力別クラス編成を廃止すると発表した。

現状PSLEの結果によって中等学校の進むコースが4年制(Express)、5年制(Normal Academic)/Normal Technical)に振り分けられているが、現在の小学2年生が中等学校に入学する2024年からは科目のレベル別でのクラス編成となる。これにより2024年に中等学校に入学する生徒は2027年に試験を受け卒業する。

クラス編成制度の変更にともない、Expressコースでは4年時(Normalコースは5年時)に受ける試験GCE O(Ordinary) LevelとNormalコースが4年時に受ける試験GCE N(A) Levelも見直され、次の進路を決めるための国家試験が導入されることになる。

制度の見直しは、5年制Normalコースの学生が劣等感を持たないようにするための配慮。教育省によると、GCE Oの結果では特定の科目に関しては4年制と5年制の間に差がないことが確認されている。