【シンガポールニュース】車両購入権(COE)、バイクを除く全てのカテゴリーで落札価格が上昇

~The Straits Times 3月6日~

車両購入権(COE)入札が6日に行われ、二輪車を除く全てのカテゴリーで落札価格が前回を上回った。

小型車(カテゴリーA)の落札価格は、26,309Sドルで前回よりわずか8Sドル上回った。

落札価格の上昇率が最も高かったのはカテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上)前回より4.4%増の36,961Sドルだった。大型車が対象となるカテゴリーE(オープンカテゴリー)の落札価格は前回より2.5%上回わり、37,620Sドルだった。

カーディーラーは、落札価格の上昇の主因として、GrabやGojekの配車サービス業のビジネス拡大にともなう四輪車の需要増加をあげた。

落札価格
カテゴリー 3月06日 2月20日
カテゴリーA(排気量1600cc以下で130馬力以下) 26,309 26,301
カテゴリーB(1600cc以上か130馬力以上) 36,961 35,403
カテゴリーC(商業車、バス) 27,010 26,914
カテゴリーD(バイク) 3,602 3,689
カテゴリーE(オープンカテゴリー) 37,620 36,667