【シンガポールニュース】南アジアのモバイル決済成長率、シンガポールは5位

~The Straits Times 4月12日~

PwCの「Global Consumer Insights Survey 2019」によると、東南アジアにおけるモバイル決済の成長率の高さでシンガポールが5位にランクされた。

シンガポールのモバイル決済の成長率は前年34%から46%に上昇。PwCは、シンガポール政府が2017年後半からデジタル決済への移行を推奨していらい、政府およびモバイル決済企業による努力が成果として表れてきたとみている。

域内でもっとも大きな成長がみられたのはベトナムで成長率は昨年の37%から61%と大きな伸びをみせた。またベトナムは域内でけでなく、世界の1位にランクされた。ベトナムではモバイル決済の普及率が比較的低いものの、従来の支払い方法より利便性が高いことから大きな成長につながった。

Strategy&のシリッシュ・ジェイン氏によると、 世界トップ10にアジアから8ヵ国、うち東南アジアから6ヵ国がランクされたことからも、アジア地域ではモバイル決済へのシフトが積極的に行われている。