【シンガポールニュース】GrabがNinja Vanに出資、物流ネットワーク強化へ

~The Straits Times 4月25日~

配車サービス大手Grabがeコマース向け物流事業を展開するシンガポールのNinja Vanに出資し、Grabの顧客網とNinja Vanの物流網を融合し宅配サービスを強化する。

戦略的提携の一環として、GrabはNinja VanのサービスをGrabのモバイルアプリに統合し、オンデマンド配送サービスである「GrabExpress」を通じて2019年第2四半期から域内全体で段階的にサービスを展開していく。

Ninja Vanは、支払い手段としてGrabの電子決済システム「GrabPay」を利用する。東南アジアの宅配事業で提携する。

「GrabExpress」は現在、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアなど東南アジアの6カ国150都市で利用されている。Ninja Vanも東南アジア6カ国の450都市以上で宅配物流事業を手掛ける。

Grabは配車サービス事業から、配送サービスや金融サービスへの事業展開を加速させており、今週初めにはAgoda、Booking.com、BookMyShow、HOOQを同社のアプリに統合することを発表したばかり。