【シンガポールニュース】製造業購買担当者指数、4月は50.3ポイント

~The Straits Times 5月3日~

購買原材料管理協会(SIPMM)が3日に公表した統計によると、4月の製造業購買担当者指数(PMI)は、前月から0.5ポイント減少し、2016年11月以来の最低値となる50.3ポイントだった。

総合的には景況感の改善と悪化の分岐点となる50ポイントを32カ月連続でで上回ったが、UOBエコノミストのバルナバス・ガン氏は直近15カ月間で12ヵ月は低下したことを指摘。ガン氏によると、PMIの低下は新規受注、新規輸出および工場生産高に影響を及ぼす外部環境の低迷に起因している可能性があると述べた。

部門別では電気機器部門のPMIが6ヵ月連続で下落し、4月は前月から0.3ポイント低い49.5ポイントとPMI全体の低下の主因となったと見られている。電気機器部門では新規受注の減少、新規輸出、工場生産、在庫および雇用水準の低下がみられ、受注残高指数は12ヶ月連続で縮小した。

一方で、CMC marketのマーガレット・ヤン氏は、電子機器PMIの減少は緩やかになってきており、過去数ヶ月を見てみると実際には回復しているとし、電気機器部門がPMI全体に及ぼす影響は弱まっていると分析した。そのうえで、米中貿易摩擦や中国の輸入減速がシンガポールにより大きな影響を与えていると述べた。