【シンガポールニュース】4月の製造業生産高、予想に反して0.1%増加

~The Straits Times 5月24日~

4月の製造業生産高は前年同月比0.1%増と事前の予想に反して小幅回復をみせた。ブルームバーグは3月の4.3%減に続き、3.5%減と予想していた。

シンガポール経済開発局(EDB)が24日に公表した統計によると、4月はバイオ医療部門の押し上げと半導体の回復が小幅回復の要因となった。バイオ医療部門を除いた製造業生産高は前年同月比2.1%減だった。

増加率が最も高かったバイオ医療部門は前年同月比で11.2%増加。輸出需要が続いた医療技術関連が12%増と堅調だったのに加え、特生物学的製品が好調だった医薬分野が10.9%増と牽引した。

3月に15.1%減と大きく落ち込んだ電子機器部門は、0.6%減にとどまった。半導体が3月の16.2%減から0.3%増とプラスに転じたことが電子機器部門を押し上げた。