【シンガポールニュース】規格外のパーソナルモビリティーの押収相次ぐ

~The Straits Times 5月30日~

陸運庁(LTA)は、ニーズが高まるパーソナルモビリティーの規格外製品の取締を実施し、19台を押収したことを発表した。

25日から実施した取締で、LTAは規格外や違法に改造されたパーソナルモビリティーを押収するとともに、パーソナルモビリティーによる交通違反者を検挙した。

初日25日(土曜日)だけで10台を押収。そのうち6台は路上で使用されていた。また、そのうち一台は法律で定められている車体重量20Kgを大きく上回る50Kgだったことも明らかにされた。

パーソナルモビリティーの需要が高まる中、改造し重量制限を超える電動スクーターなどの押収が相次ぎ、昨年は100Kgを超えるものも押収された。また、路上での違法運転も急増しており、昨年の逮捕者は600人を達した。