【シンガポールニュース】国内の飲食店270店舗がプラスティック製ストローを廃止

~The Straits Times 6月3日~

世界自然保護基金(WWF)は3日、シンガポール国内合計31企業が運営する270の飲食店が7月1日付でプロスティック製ストローを廃止すると発表した。医療目的で必要な客に対しては引き続きストローを提供する。

プロスティック製ストローの提供を取り止める飲食店には、Accor Group傘下のホテルであるRaffles, Fairmont、Swissotel The Stamford内の53の飲食店や、Singapore Zoo, Night Safari, River Safari、Jurong Bird Park.内の24の飲食店が含まれる。他にも、PastaManiaの24店舗、 Nando’s restaurantの8店舗, Spa Esprit Groupが運営するベイカリーショップなど15店舗がストロー提供を廃止する。

今回の動きはシンガポール環境庁やZero Waste SGも支援するWWFのプラスチック汚染問題解決に向けた取り組みの一環。WWF Singaporeは、プラスティック汚染に対する企業の動きが加速していると評価し、他の飲食店にも参加を呼びかける。

コンサルタントAlphaBetaと環境保護団体The Final Straw and the Cyan Project.が2018年に発表した統計によると、シンガポールで1日に利用されたストローの数は220万本だった。WWFは2050年には海洋で汚染物となるプロスティックは重量で魚類を上回ると警鐘を鳴らす。