【シンガポールニュース】世帯所得の平均は月1万1,780Sドル(約93万2,387円)

~CNA 7月31日~

統計局(SingStat)が2017/2018年に実施した家計調査によると、世帯所得の平均は月1万1,780Sドル(約93万2,387円)で5年前調査の1万470Sドル(約83万8,700円)より12.5%増加した。

国民と永住者の世帯所得は年率にすると2.4%増加し、インフレを考慮した実質増加率は2.2%だった。全ての収入層で世帯所得は増加。収入上位20%の世帯所得は年率1.6%(実質1.5%)増加した。

公営住宅居住世帯では部屋数が1-2ルームの世帯の所得が年率6.3%(実質6.1%)と増加率が最も高かった。

支出平均は5年前の4,720Sドル(約37万3,588円)から0.8%増加の4,910Sドル(約38万8,626円)だった。支出項目のトップ3は5年前と変わらず、住居費(28.9%)、食品(20.3%)、交通費(13.2%)が占めた。交通費は自家用車所有世帯が減少し、5年前の810Sドルから780Sドルに減少した。

生活水準の指標である住宅、家電所有率は上昇し、世帯による自宅所有率は89%だった。またテレビ、洗濯機、携帯電話など家電所有率96~98%だった。