【シンガポールニュース】焼畑による火災箇所増加でシンガポールに煙害の影響

~The Straits Times 9月11日~

環境局(NEA)は⒒日、インドネシアのカリマンタン島で焼畑による火災箇所が倍増していることを確認した。

カリマンタン島での火災箇所は前日の749箇所から1,584箇所に増加が。スマトラ島でも南部を中心に600箇所が確認された。

カリマンタン島、スマトラ島は乾季が続いており、シンガポールにも煙害を及ぼす可能性が懸念される。

大規模な焼畑によって生じた大量の煙は季節風に乗って、すでにマレー半島に流れており、マレーシア各地で煙害が悪化している。

NEAが11日午前6時に発表した今後24時間の大気汚染指数(PSI)は69~75。