【シンガポールニュース】政府主導で、データセンター向け冷却技術を開発

~The Straits Times 10月21日~

シンガポール国立大学(NUS) 工学部、ケッペルデータセンターホールディングス、シンガポールLNGコーポレーション(SLNG)は、データセンター向けの斬新で費用対効果の高い冷却技術を共同開発する。

同プロジェクトは、グリーンデータセンター研究プログラムのもと、シンガポール政府の国立研究財団がサポートする。21日の共同声明では、持続可能でコンパクトなデータセンターへの道を切り開く冷却媒体のプロトタイプを開発することが発表された。

プロトタイプは、シンガポールLNGターミナルから複数のデータセンターに冷熱を効率的に保存して運び、その後、各データセンターの冷却ループ内での循環により効果的に冷却する機能を有する。

Semiclathrate Thermal Energy Carrier Systemと呼ばれる新しい冷却技術は、データセンターの電力使用効率を20%向上させると見込まれ、冷却インフラストラクチャの設置面積を削減することにより、施設スペースと建設コストを節約できると期待されている。

新しい冷却技術については、NUSが2022年までに実証するためのプロトタイプを設計、構築、運用する。