【シンガポールニュース】10月のコア・インフレ、前月から0.1ポイント減の0.6%

~The Straits Times 11月25日~

25日に発表された10月の消費者物価指数(CPI、2014年=100)は100.4となり、前年同月から0.4%上昇した。コアインフレ率(運輸や住宅など、政府の政策の影響を受けやすい項目を除外したインフレ率)は前月より0.1ポイント減少の0.6%となり2016年3月以来の低水準となった。

通貨金融庁(MAS)と通産省(MTI)によると、10月は電気・ガスの値下がりのほか、サービス価格の上げ幅が縮小したことが大きく影響した。電気・ガス価格は電気代値下げや電力オープン市場(OEM)による電力自由化の効果により前年同月比では9月の8.3%減から10月は12.5%減となった。また、サービス価格は9月の1.4%から1.2%に鈍化した。

Bloombergは事前予想でCPI、コアインフレ率ともに前月と同じ0.5%、0.7%と予測していた。メイバンク・キムエンのエコノミスト、チュア・ハクビン氏とリー・ジュイ氏は、来年のインフレ圧力は、景気回復が鈍いことに加え、賃金上昇が緩やかなことから、現状維持で推移するとの見方を示した。

2019年通年のインフレ率の予測は0.5〜1.5%、コア指数は1.0〜2.0%に据え置く一方、2020年通年はともに0.5~1.5%と予測。

【シンガポールニュース】電力自由化、世帯40%が電力小売業者に切り替え

~CNA 11月15日~

エネルギー市場監督庁(EMA)は15日、電力自由化により国内世帯の40%がSPグループから新しい電力小売業者に切り替えたと発表した。

昨年11月に始まり2019年5月までに完了した電力オープン市場(OEM)全国展開により、140万世帯のうち、約56万世帯がOEM小売業者に切り替え、電気料金の約20~30%の節約を享受した。

電力自由化後のOEM小売業者の市場シェアではKeppel Electricの27%。GenecoとiSwitch がそれぞれ21.4%と13.1%とシェアを伸ばした。

OEMが2018年11月から今年2月までに電力小売業者を切り替えた10,000世帯を対象に実施した調査によると、約8,500世帯が新し小売業者のサービスに満足していると回答した。

【シンガポールニュース】AI推進の一環として2025年までに入国審査を完全自動化

~The Straits Times 11月13日~

Singapore FinTech Festivalおよび Singapore Week of Innovation and Technology conferenceに出席したヘン・スイキャット副首相は13日、5つの主要な国家AIプロジェクトの1つとして国内全ての入国審査を完全自動化することを発表した。

”Smart Nation”プロジェクトを加速させるための組織”Smart Nation and Digital Government Office”によると、国家AIプロジェクトは迅速に結果が得られ、社会的および経済的利益を提供できるとして、国境警備の他、物流、医療、教育、不動産管理で進められる。

検問所でのセキュリティークリアランスは、2025年までに指紋・顔・虹彩認識による完全自由化となる。国境でAI導入は、旅行者の入国審査を速やかにするとともヒューマンエラーを減らす。さらに入国審査官は、より綿密な調査が必要な入国者に焦点を合わせるなど、効率化の向上にも繋がる。

チャンギ空港ターミナル4では、入国審査を速やかにするために顔認識装置を設置した結果、最大20%の人員削減と業務効率化を達成したと報告された。

【シンガポールニュース】甘味飲料の広告規制も消費者支出に影響なし

~The Straits Times 11月12日~

調査会社のフィッチ・ソリューションズは、甘味飲料の広告が規制されても消費者の支出には影響しないとの調査報告を発表した。

企業レベルでは2017年にシンガポール国内の主要な飲料水メーカーが、2020年までに飲料の糖度を12%削減することを合意。10月の甘味飲料の広告規制発表後も、製品の調整など対応に追われている。

フィッチ・ソリューションズは、消費者の観点では今回の保健省の決定が広告規制に留まったことで、今後の商品動向に大きな変化は見られないと予想した。

実際、ここ最近の消費習慣でも、より糖分の低い甘味飲料にシフトしているだけで、甘味飲料全体の消費は落ち込んでいないという。

フィッチ・ソリューションズは、甘味飲料で代表的な炭酸飲料の消費は2019~2023年にかけて1人あたり平均1.5%成長し、一人あたりの消費額は年間37米ドルに達すると予想している。

【シンガポールニュース】統一QRコードで医療費支払いが可能に

~The Straits Times 11月11日~

DBS銀行は11日、国内すべての公立総合診療所、病院、専門医療センターで統一QRコード(SGQR)による電子決済を来年末までに可能にすると発表した。

SGQRによるデジタル支払い方法は段階的に導入される予定で、第1フェーズとして月曜日から27の公立病院、専門医療センター、総合診療所で利用が開始される。

DBS銀行は3つの公的医療クラスター、National Healthcare Group(NHG)、National University Health System(NUHS)、Singapore Health Services(SingHealth)がSGQRを導入することを支援する。

同銀行によると、現状では患者5人に1人は現金やチェックで医療費を支払っている。同銀行のラオフ・ラティフ氏は、高齢化が進む中、SGQRでの決済を導入することは、様々な年齢層に電子決済を利用してもらうきっかけに繋がると話した。

【シンガポールニュース】携帯財布YouTrip運営会社がタイに進出

~The Straits Times 11月6日~

マルチ通貨モバイルウォレットYou Tripを運営するYou Technologies Group Limitedは5日、タイのカシコン銀行とのパートナーシップを通じてタイに進出したことを発表した。

この提携により、カシコン銀行のユーザー1,160万人は同銀行のK PLUSアプリからYouTripへの登録が可能となる。同銀行では年間40万人の登録者を見込んでいる。

You Technologies Group Limitedの共同経営者カエキリア・チュー氏は、カシコン銀行との大きな相乗効果に期待。同氏は銀行とフィンテックのパートナーシップを通じて新しい市場に進出することは、タイでYouTripのようなサービスが求められていることの証だと述べた。

カシコン銀行は、バーツ高、旅行商品のプロモーション、海外への直行便増加などによりタイにおける海外旅行市場は拡大しており、外国為替市場に大きなメリットをもたらしているとYou Tripに期待。

You TripはMastercardとEZ-Linkを提携し2018年8月にサービスが開始された。シンガポールではこれまでダウンロード数が40万、処理数1000万を記録している。

【シンガポールニュース】既存路線に新しいMRT駅が開業、都市部まで10分短縮

~CNA 11月1日~

既存のMRT南北線に11月2日、新しくCanberra駅が開業する。これにより都市部や開発が進むJurong Eastまでの移動時間が10分ほど短縮されることが期待されている。

Canberra駅はYishun駅とSembawang駅の間に位置し、徒歩10分以内に17,000世帯以上が住んでいる。

コー・ブンワン運輸相は、同駅は長年計画案として存在していたが、周辺で十分な数の住宅プロジェクトが開始するまで建設されなかったと述べた。

建設費用は9,000万Sドル。20世紀初頭この地域にシンガポール海軍基地があったころことから、駅の外観は地域の海事遺産へのオマージュとして船の形に設計された。

Canberra駅は南北線では27番目、既存路線で追加で開業した2つ目の駅となる。MRT駅としては139番目。